【令和6年度 園児募集中】
医療法人社団 医集会が運営する
企業主導型保育園です

一生懸命はたらくパパとママのために
お医者さんたちがつくったパパママファーストの保育園

ごう在宅ほいくえんについて

 

 

 

地下鉄バスセンター前駅より徒歩6分。豊平川河川敷も近く、お散歩にも適しています。園舎は角の少ないドーム型にすることで安全性を高めています。

お子さま一人ひとりにしっかりと目を向けられた保育が出来るよう、経験豊富な保育士を多めに配置しております。

オーナーはクリニックを運営するお医者さん。病院とのスムーズな連携はもちろん、保育園には看護師も常駐しております。

複数のお子さまをお預けになる際、保育料が気になりませんか?当園では2人目以降のご兄弟・ご姉妹をお預かりする際の保育料を免除いたします。

 

心身ともに元気な子

自分の思いを素直に表現できる子

豊かな感性と創造力のある子

思いやりのある優しい子

 

 

 

代表からのメッセージ


当法人の一番の存在意義は、各スタッフのもつ資格知識や経験を通してスタッフひとりひとりが意欲を充分に発揮し、少子高齢化の時代に社会へ貢献するための「器」になることだと思っております。「ごう在宅」と銘打ってはおりますが、もう既に園長の五戸瑞子がリーダーシップをとり、多職種の職員が自主的に活動を行ってくれています。意見や考えを皆で話し合って実際に行動に移し、保育環境や関わり方の向上に努めています。ここは、保育士をはじめ職員全員が主役の保育園です。職員が明るく笑顔でいられる環境であるかどうかが、園児さん方の情緒形成に一番大きく影響することであり、ご父兄様方から安心してお預かり頂くためにも大切です。

 

当園はまた別に、働くお母様方のための園でもあります。子育てだけに限らず、職場と保育との両立の問題、保活の悩みなど、困っているお母様はいつでも保育園に相談にいらしてください。当園ではあまり大げさな行事や英語教育などは考えておりません。代わりに日々のお散歩などで見つける驚きや発見を大切にしたり、「ありがとう」や「ごめんなさい」など、これからの長い人生にとても大切で基本的な人としての優しさと人の気持ちを理解する教育をして参ります。入園から卒園までしっかりと、職員全員でお預かりさせて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

ごう在宅ほいくえん 代表 中嶋 豪

ごう在宅ほいくえん

 

園長からのメッセージ


乳児期とは、人間形成において「土台」を作るとても大切な時代です。これから生きて行く上での基礎となる「心を育てる保育」を大切にし言葉にできない心の奥にある思いに目を向けながら、ご家庭に代わる温かな保育園にしていきたいと思っております。


保育士、看護師、調理師、連携推進員といろいろな立場の職員が働いている保育園です。それぞれの専門知識を持ち寄り、思いを出し合うことで、お子様達により良い環境で保育を行えるように毎週木曜日に「学びを深める会」を実施しております。まだ開園してまもない保育園ですが職員一人一人が向上心を持って一歩一歩前に進んでいきたいと思っております。
「子育て」とは、いつもニコニコしていられることばかりではありません。むしろ大変なことの方が多いかもしれません。そこで一生懸命働きながら子育てをしているお父様、お母様方のお力になれることはないかと常日頃思っております。子育ての悩みなども気軽に相談し合える仲間の存在はとても大きいですよね。「ごう在宅ほいくえん」もそんな仲間の一員になれたらと思います。当園を利用していただき少しでも肩の力を抜いて安心できる居場所として、お役に立てたら幸いです。大人も子どもも優しさに包まれて安心して健やかに成長していけるような空間を目指しております。

ごう在宅ほいくえん 園長 五戸 瑞子

ごう在宅ほいくえん

 

 

 

 

 

 


 

園長(保育士)1名、保育士13名(常勤4名、非常勤9名)、

調理師1名、調理員(保育士・看護師・助産師資格有)1名・(保育士資格有)1名、

正看護師2名、連携推進員2名


※園児の人数によって変動します。

 

 

 

 

 


 

 

 

兄弟・姉妹2人目以降の保育料を全額免除!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体調不良時保育について
専門の看護師が常駐しているので、お子様の急な発熱や体調が優れない場合でもお預かりすることができます。詳細についてはお問合せください。

アレルギー対応について
対象素材を調理前から除去する、お子様一人ひとりに合わせた除去食に対応しております。アレルギーの内容や保育状況によっては対応が難しい場合がありますので、詳細についてはお問合せください。

連携病院のご案内
専門看護師の常駐のほか、「札幌厚生病院」「ごう在宅クリニック」「たんぽぽ歯科クリニックとの連携を行なっており、お子様の症状に合わせ迅速に対応することができます。

JA北海道厚生連 札幌厚生病院

札幌市中央区北3条東8丁目5番地
電話:011-261-5331 FAX:011-271-5320

ごう在宅ほいくえん

ごう在宅クリニック

札幌市中央区南1条東2丁目8-2 SRビル1階
電話:011-802-7823 FAX:011-802-7824

たんぽぽ歯科クリニック

札幌市南区澄川3条3丁目4-10 佐久間ビル2階 
電話: 011-799-1885

ごう在宅ほいくえん

 

 

今日も1日楽しい日がスタートします。先生やお友達と元気いっぱい楽しみましょうね。

季節の歌や、好きな歌を歌いながら身体を揺らし楽しみます。「はい!」と元気なお返しできるかな?

近隣の公園でお友達と遊んだり、外気浴を楽しみます。また、指先を使い、季節の制作物にも挑戦します。

発達状況を踏まえ、常駐の調理師さんが作った、温かく栄養バランスの良い美味しい給食をみんなと頂きます。

ゆったりとした雰囲気の中でぐっすりスヤスヤ眠ります。「おやすみなさーい」。

子どもたちが、自分のやりたいことを自由に動いて遊びます。夕方の散歩を行う場合もございます。

 

年間行事

季節ごとに行われる、イベントや行事をご紹介していきます。

詳しく見る

医集会の運営する診療所
ごう在宅クリニック(本院)

医療法人医集会の運営する在宅医療クリニック。
子育てを通じて子供から生き方を教えてもらえるように、
人生の最期と向き合うことも人を成長させてくれます。
ごう在宅クリニックで勤務下さる方は全員、保育料無料です。

ごう在宅クリニックへ

医集会が運営する美容クリニック
モーヴ・ビューティークリニック

「エステ以上、整形未満。」
カタチを変えない美容クリニック。
アートメイク看護師さんが作りました。
mauve(立葵)の花言葉は「気高く威厳に満ちた美」。
育児で忙しいママにアートメイクはぴったり。
眉とリップのアートメイクで綺麗になると、
化粧水とファンデーションだけで朝の準備は完了です!

美容クリニックへ

地域に貢献するかかりつけ医
りんごの木クリニック

医療法人社団 医集会の医師・看護師が待機しています。
かつて全国一の生産量を誇った豊平区のりんご。
その象徴であるりんご並木にほど近い当院。
この地域の力になりたいという思いを胸に日々診療をしています。

りんごの木クリニックへ

医療法人社団 医集会
ごう在宅ひがしクリニック

本院の元院長が開く東区の在宅クリニック。
本院と連携して24時間かかりつけを行っております。

ごう在宅ひがしクリニックへ

godoctor

発熱など一回限りの往診はこちらです。

平日:19時から23時頃まで
土日祝:10時から23時頃まで

godoctor